坂倉眼科クリニックトップ>目の病気>緑内障

目の病気

緑内障について

緑内障 症状

緑内障は自覚しずらい病気です。慢性緑内障の唯一の自覚症状は、視野の一部に見えない所ができるというものです。しかし、ふだん私たちは二つの眼で見ているため、互いの視野でカバーされ、それさえも気が付きません。そのため、緑内障だとわかっているのに不自由はないからと治療を受けない人もいるくらいです。

緑内障 治療法

患者さんの大多数を占める慢性緑内障で視野異常が進行していない場合は、まず薬による治療から始めます。 薬では眼圧が十分に下がらなかったり、視野異常の進行が止まらない場合は、レーザー治療や手術治療が行われます。緑内障の初期は自覚症状は全くありませんし、視野の異常もある程度進行するまで、患者さん本人は自覚できませんから、検査で病状を確認する必要があります。

<ポイント>

緑内障予防には、早期発見が第一です。40歳からは定期的に眼底検査を行うように心がけてください。また、緑内障と診断されたら、通院を欠かさず、指示どおりに薬を点眼・服用するようにしてください。病気を正しく理解し、心配し過ぎないことも大事です。しかし、実際多くの患者さんがかかる慢性緑内障では、瞳の色はもちろん、痛みや充血といった症状が全くなしに進行することが多く、視力の低下も、病気の最終段階になるまで現われません。緑内障は、「早期に発見し適切な治療を続けていれば」非常に高い確率で、視覚障害の進行を防ぐことができますので、定期検査を受けるようにしましょう。

ご案内

お役立ちリンク

交通アクセス

モバイルサイト