坂倉眼科クリニックトップ>白内障手術

日帰り白内障手術を行っております

白内障とは?

白内障は、水晶体が濁る病気です。

私たちが目で見ている像は、 角膜、水晶体を通った光が網膜面で結像したものです。

白内障は、目の中のレンズ(水晶体)が濁る病気で、 水晶体が濁っていると、

「ものがかすんで見える」 「ぼやけて二重に見える」 「明るいところへ出るとまぶしくて見にくい」
といった症状が現れます。

進行すると手術が必要となりますが、 他に目の奥等に病気がなければ 手術によって良好な視力を回復することが可能です。

白内障の目の様子
白内障の原因は?

主に加齢が原因で引き起こされます。それを老人性白内障といいます。 高齢化社会の到来により、目の病気の中で最もありふれたもののひとつとなっています。 早い人では40代から発症し、60歳以上では検査をすれば大部分の人に白内障が見つかります。 その他の原因として、先天的なもの、外傷・アトピーによるもの、薬の副作用、 そして他の目の病気(炎症)に続いて起こるものなどが挙げられます。

白内障手術について


坂倉眼科クリニック 白内障手術場の様子

日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬や 内服薬により、白内障の進行を遅らせることができます。 しかし、これらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅く するもので、症状を改善したり、視力を回復させることは できません。 白内障が進行して、日常生活に不自由を感じるようであれば、 手術を行いましょう。 健康な方でも、定期検診は受けるようにして、 異常を感じたらすぐに診察を受けてください。


白内障手術は濁った水晶体を取り除いて 人工の眼内レンズを埋め込む手術が行われます。 手術では痛みに応じた適切な局所麻酔の方法が 選択されますので、手術中の痛みはほとんどありません。
白内障手術後の回復室の様子

日帰り白内障手術の流れ

白内障手術 申込
当医院では手術は全て日帰りでおこなっています。 医師との相談により手術の申し込みを行います。
白内障手術 術前検査
術前精密検査にて、手術に必要なデータをおとりします。 リラックスした状態で検査を受けてください。
白内障手術前の点眼
手術3日前から抗菌剤などの点眼をしていただきます。
白内障手術 当日
手術当日の朝食は通常通りでかまいませんが、昼食は 軽めにしてください。 来院の際にはご自分で車やバイクの運転をしないでください。 手術終了後、しばらく院内で休息していただいたのち、 注意事項の再確認をおこないます。
白内障手術後検査
手術翌日に診察がありますのでご来院ください。 ほとんどの方が手術翌日から視力回復を実感できますが、 視力が安定するまでの期間には個人差があります。

坂倉眼科クリニックご案内

お役立ちリンク

交通アクセス

モバイルサイト