坂倉眼科クリニックトップ>目の病気>子供の目の病気

目の病気

子供の目の病気について

子供の目の病気 症状

弱視・・・網膜や脳の神経には障害がないのに、視力の成長期において、 角膜から網膜の前までに何らかの異常があって網膜にはっきりした像が写らず、 成長が妨げられて、よい視力が得られないことをいいます。

子供の目の病気 治療法

視力は、生後3歳前ごろまでに急速に発育します。乳幼児の視力の発育段階に、なにかの理由で、網膜にはっきりと像が写らず刺激が加わらなかった場合、視力が育ちません。 弱視を防ぐためになによりも大切なことは、 弱視につながる原因をできる限り早く見つけ、取り除くことです。

<ポイント>

子供に多い目の病気

  • はやり目・・・はやり目とはウイルス性急性結膜炎 人にうつりやすいものを「はやり目」とよびます。
  • ものもらい・・・汗を分泌している汗腺〈かんせん〉に細菌が入ったり、脂の出るマイボーム腺の出口が詰まり脂が溜まって、炎症を起こしたり化膿〈かのう〉した状態がものもらいです。
  • 逆さまつげ・・・まつげが内側に向いているものを逆さまつげといいます。
  • 先天性鼻涙管閉塞・・・先天的に鼻涙管が閉塞している状態で、生下時より、泣いていなくても涙が多かったり また、眼脂が多い場合、この疾患が考えられます。
  • けが・・・目に異物が入ったときは、まず水道の蛇口の水で洗い流し、すぐに眼科を受診してください。目をこすってはいけません。

ご案内

お役立ちリンク

交通アクセス

モバイルサイト