坂倉眼科クリニックトップ>目の病気>白内障

目の病気

白内障について

白内障 症状

白内障〈はくないしょう〉とは、瞳が白く濁って視力が悪くなる病気です。白内障の主な症状としては、初期症状として、まぶしい、目がかすむなどが あげられます。
また、近視が進み、明るい所で見えにくいというのは、核白内障に典型的な症状です。最終的には、水晶体の濁りが広がるとともに視力が低下していきます。 近視や老眼と異なり、メガネなどでは矯正できません。

白内障 治療法

白内障の初期の症状を改善する場合、自分で出来る対策方法は、たとえば、まぶしさを感じる場合は、サングラスをかける。近視が進んだ状態では、メガネなどで矯正することができます。
しかし、白内障がさらに進行してメガネが役にたたなくなったり、生活上不便だと感じることが多くなってきたら、早めに手術を受けることをおすすめします。 白内障の治療法は、角膜と強膜の境目あたりをわずかに切開し、そこから器具を入れて水晶体の核と皮質を超音波で砕き、吸引します。 後嚢だけは残しておいて、そこに眼内レンズを取り付けます。白内障が極端に進行していて水晶体が硬くなっている場合などでは、水晶体全体を取り出すこともあります。手術を受ける時期は特別な場合を除いて「その人が不便だと感じたときが手術を受ける時期」と考えて問題ありません。クリニックでも、日帰り白内障手術を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

<ポイント>

白内障があるかないかは、眼科を受診し簡単な検査を受ければすぐにわかります。検査で水晶体に濁りが確認されれば、白内障と診断されます。しかし、白内障は手術により眼内レンズを使用することで、治せる病気です。
坂倉眼科クリニック 白内障手術について詳しくはこちら>>

ご案内

お役立ちリンク

交通アクセス

モバイルサイト